部員紹介

M2

千葉 智史

能代 (秋田)/理・数学

中距離PC(2015~2016)

100m:13"14

400m: 54"28

800m:2'04"67

1500m:4'28"50

5000m:19'44"30

院キャ。最近よく思うのは、人望は積分ではなく微分であり、体重は微分ではなく積分である、ということである。かつては中距離PCとして一代を支えたが、その輪郭は何処へ、心身共に丸くなってしまった。


M1

荒田 啓輔

弘前(青森)/工・建築

渉外副務(2017)

800m:1'54"57

1500m:3'57"64

3000m:9'02"25

3000mSC:9’56’”33

インモラル・モンキー。四肢の弾け飛ぶようなスパートで、青森の中距離タイトルを総なめした。その競技力は一夜にしてならず、しかし積み上げた一夜が織りなすものである。不思議。

川口 航汰

県立船橋(千葉)/工・情報知能

渉外副務(2017)

400m:50"42

800m:1'53"46

1500m:4'03"26

下心マン。バイト・勉学を返上して陸上競技に費やす中距離のエースであり、大会では大暴れする。また、甘いマスクを武器に合コン会場でも大暴れする。怪我に苦しんだ今季を糧に、来季に期待大。

佐藤 宏夢

仙台二(宮城)/理・物理

中距離PC(2016~2017)

400m:53"00

800m:1'56"20

1500m:4'07"96


アゴチタンバナ。安定感抜群のクレバーなレース運びで、大会の下馬評(と自らの顎)を壊すのを得意とする。最近はハムを怪我しがちだが、持ち前の靴下の長さで何とかカバーしてほしいところ。

清野 雄太

仙台一(宮城)/工・材料科学

400m:52"81

800m:1'56"05

棒高跳:NM

二浪。何かと遠回りな人生を歩みがち。「ケガしてもすぐ治らない」、「練習の疲労が抜けない」...そう、彼は中距離の最年長である。歳には勝てないが、800mへの思いは周りに負けないだろう。乞うご期待。

星屋 美優

大手前(大阪)/工・建築

長距離女子PC(2016~2017)

800m:2'28"66

1500m:5'10"85

3000m:11'36"03

5000m:20'28"32

関西出身の背の高い系女子。元長距離女子PCとして培ったスタミナと、中距離パートで鍛えたスピードで、この一年間頑張ってきた。夏は、院試に慌てる同期を横目に、さらっと院免。優秀である。

松田 将大

仙台向山(宮城)/理・物理

副将(2016~2017)、主将(2017~)

800m:1'55"47

1500m:3'57"93

3000m:9'06"23

5000m:15'47"80

400mH:1'04"26

平部員。今季はパンツの追剥にもめげずに、800mから全日本大学駅伝まで、多方面で大活躍の一年だった。しかし、松田にとってのシーズンはこれから始まる。冬将軍、シーズンイン…!


4年

宇梶 和希

宇都宮(栃木)/法

中距離PC(2017~2018)

400m:52"17

800m:1'57"00

1500m:4'12"55

前中距離PC。一時期は失踪も噂されたが、哀れ独り身、居場所を求めて中距離に帰ってきた。最近は大好きなレオタードを着ることができて、実にHAPPY!思わず笑みを「漏らした」のであった。

上條 麻奈

松本深志(長野)/薬

渉外副務(2017~2018)

400m:1'00"42

800m:2'13"32

1500m:4'38"04

3000m:10'34"91

おがくず。ラボに実習と大忙しな彼女は、今季は勝負強さが光った。全日本ICにも出場するなど実績も豊富。さらなる高みを目指し、今日も彼女は「#かつや行きたい」でいいねを稼ぐ。

立野 佑太

藤枝東(静岡)/工・化学バイオ

渉外副務(2017~2018)

800m:1'57"19

1500m:4'02"62

5000m:14'53"27

3000mSC:9'24"04


長距離から来た、おしゃべりマシンガン。専門は3000mSC?だが、800mなどの中距離種目でも圧倒的な強さを誇る。秋には怪我から脱し、全日駅伝にも出場。来季は復活が望まれる。

細田 健斗

福島(福島)/医・医

800m:1'58"48

福島医大からの刺客。一浪仮面の練習弁慶で、ここ最近では中距離パートの最年長を務める。専門種目は600mと評されるほど、試合に弱い。イチャイチャばかりしてないで、来季こそ脱スランプ希望。


3年

石井 悟司

立川(東京)/理・地球科学

三秀記録(2018~2019)

100m:12"23(-3.2)

1500m:4:43.20

800mパートに属していながら、専門は100mと400mという、異色のシティボーイ。スニーカー大好き。彼にとって陸上競技はエクササイズであり、人生は「Always Vacation」なのである。

加藤 ひより

直江津中等(新潟)/薬

800m:2'24"55

1500m:5'00"93

不良少女ではない。今季は不調の中「降板」など心無い言葉を掛けられることもあったが、それにもめげずに一年間頑張ってきた。やはり心の支えがあると違うのか。ミラコスタ泊まりたい。

川島 啓

竹園(茨城)/工・機械知能航空工

渉外副務(2018~2019)

400m:51"72

800m:1'59"96


次期オモチャエース。大柄な体格が武器。今季は念願の1分台に突入し、大躍進&絶好調…と思いきや、どうしてか今まで以上に煽られることが増えた。これには彼も「断腸の思い」でいっぱいだろう。

高倉 直幸

日立第一(茨城)/医・保健

800m:2'01"81

高倉のことは、今となってはもう誰も「三四郎の小宮」とは呼んでいない。心地よいほどに毒舌である。PBを更新したシーズン前半とは対照的に、後半は不調に苛まれたが、冬季を通して復調が期待される。

谷口 尚大

東筑(福岡)/工・機械知能航空工

中距離PC(2018~2019)

800m:1'56"22

1500m:4'07"09

「機知の合コンマスター」と呼ばれていた中距離PC。「インドア」を「家系」、「オブラート」を「ビブラート」と言い間違えるなど日本語がおぼつかないが、後輩を口説き恋を実らせたらしい。動物園行ってこい。

三浦 慧士

白石(宮城)/文

渉内主務(2018~2019)

800m:2:05.92

1500m:4:08.43

5000m:16:12.97

10000m:34:40.37

3000msc:10:14.49

ハーフ:80:38


1500パートの新戦力で、長距離パートとの二刀流。桜井日奈子の大ファンであり、長距離パートの黒須くんの大ファン(?)でもある。しっかり渉内主務となり、部内で一気に権力者となった。逆らえない。

村松 兼志

藤枝東(静岡)/工・材料科学

渉外副務(2018~2019)

400m:52.00

800m:1:58.49

1500m:4:10.83

真面目さと誠実さがウリな、期待の新星スプリンター。双子の兄であり、面倒見の良いアニキキャラ…となるはずだったが、彼女をお店の外で30分待っている。先輩の分の彼女のことも、待ってくれ。


2年

金田 大輝

新潟(新潟)/経済

1500m:4:28.81

5000m:18:49.36

帰ってきたマスラオ。大学入学と同時にかけたストレートパーマのようなまっすぐな思いで、日々の練習に取り組む期待の1500mランナー。地獄の寮生活にも終止符を打って、来季への準備は万端。

菅野 耀広

世田谷学園(東京)/工・機知

1500m:4:23.53

男子校からやってきたターミネーター。キツい練習でも、淡々と取り組む姿勢が印象的。食器がたくさん割れる様子がパズドラのコンボみたいだ、と爽快感を覚えたためか、彼は今日もバイトでやらかす(楽しむ)。

佐藤 芳樹

仙台二(宮城)/医・医

800m:2:06.68

名門・二高出身のイケメンドクター。容姿とステータスに反して中身はサイコパス。面接最低点、笑顔は満点。某医陸のサイコパス先輩のように、練習弁慶までは引き継がないでほしいところ。

高島 夏子

長野(長野)/法

1500m:5:44.01

3000m:11:56.69

遅れて現れたヒロイン。高校はバスケ部出身だが、実家での指導の下、夏休みは日々修行に明け暮れたとかなんとか。陸上競技は未経験にも関わらず、長距離や駅伝にも挑戦的な姿勢、とっても◎。

松岡 陽太

八戸(青森)/工・化学バイオ

800m:2:03.96

1500m:4:27.76

気分屋チャンピオン。「もう二度と1500m走りません」宣言を出すほど、調子の浮き沈みが激しかった一年間だったが、来季は躍動感溢れる走りで大暴れしてくれるだろう。北京餃子とサッカーが好き。


1年

Coming soon...